CACTUS AIR SERVICE LTD. 株式会社カクタス航空
HOME 業務渡航 カウンターサービス 団体・グループ旅行 情報リンク 営業案内 会社案内
 
TRAVEL INFORMATION
 
トラベルインフォメーションTOPへ


7月1日〜 JAL国際線 羽田⇔香港線 運航開始 2008年06月30日
 

7月1日から羽田空港⇔香港間で直行便の運航が開始されます。
羽田発香港着便は7月1日より、香港発羽田着便は7月2日より運航開始。

羽田⇔香港線 週7便(毎日運航)
2008年7月1日〜8月31日
JL8739便 毎日運航 羽田 20:30発 香港 0:05(翌日)着
JL8730便 毎日運航 香港 1:20発 羽田 6:30着

2008年9月1日〜10月25日
JL8739便 毎日運航 羽田 20:45発 香港 0:20(翌日)着
JL8730便 毎日運航 香港 1:35発 羽田 6:45着

詳細は以下をご参照ください。
http://www.jal.co.jp/network/announce20.html

7月1日〜 中国国際航空 成田空港ターミナル移転 2008年06月23日
 

中国国際航空(CA) は、2008年7月1日より成田国際空港
第2ターミナルから第1ターミナル南ウイングへ移転します。

7月1日以降に同社をご利用のお客様は、ご注意ください。

詳細については
http://www.airchina.jp/headline_news/travel/e2008_06_10.html
をご参照ください。

2008年6月14日〜 サラゴサ国際博覧会開催 2008年06月16日
 

2008年サラゴサ国際博覧会が、2008年6月14日〜9月14日までの3か月間
スペイン・サラゴサ市で開催中です。
テーマは「水と持続可能な開発(Water and Sustainable Development)」です。

詳細については以下をご参照ください。

米国土安全保障省:電子渡航認証システム導入案を公表 2008年06月09日
 

米国大使館によると、米国土安全保障省(DHS)は2009年1月12日から
短期の観光や商業目的のためビザを取得せずに米国を訪れる日本人
などに対し、電子渡航認証システム:Electronic System
for Travel Authorization(ESTA)を導入する暫定最終規則を公表しました。
現時点の発表では導入後は出発の72時間前までにDHSのESTA申請Webサイトを
通じてESTA申請により承認を得る必要があります。
DHS長官は、2008年11月中旬までに官報(Federal Register)で
2009年1月12日からESTAを義務化することを発表する予定です。

詳細については以下をご参照ください。

・米国大使館プレスリリース

 http://japan.usembassy.gov/j/p/tpj-20080604-70.html

・ESTA電子渡航認証システムについてのFAQ

 http://tokyo.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-estageneralfaq.html

・米国DHS (Department of Homeland Security)

 http://www.dhs.gov/xnews/releases/pr_1212498186436.shtm

航空各社、6月1日からEチケットに全面移行 2008年06月02日
 

2008年6月1日より、国際航空運送協会(IATA)指導の下、
全航空会社で完全eチケット化が実施となり、旅行会社において
従来の紙の航空券(ATB券)での発券が出来なくなりました。

しかしながら、航空会社や予約端末等の問題により一部eチケットでの
発券が出来ないケースが想定されております。
eチケットで発券出来ない場合、原則として全て航空会社での発券となる為、
ご依頼後お届けまでに従来以上のお時間を頂戴することが御座います。
また、航空会社側の規定により、ご出発直前の手配が出来ない場合も
考えられますので、お早目のご依頼を御願い致します。

更に、航空会社、予約端末会社のシステム未整備や空港カウンタースタッフの
不慣れに伴いトラブルが発生するケースが懸念されております。
トラブル回避の為にも、ご渡航の際は「eチケットお客様控え(予約確認書)」
を必ず携帯し、必要に応じご提示頂くよう御願い致します。

 
▲TOPへ
 
Copyright (C) 2004 CACTUS AIR SERVICE LTD. All Rights Reserved.利用規約約款・個人情報の取扱いについて