CACTUS AIR SERVICE LTD. 株式会社カクタス航空
HOME 業務渡航 カウンターサービス 団体・グループ旅行 情報リンク 営業案内 会社案内
 
TRAVEL INFORMATION
 
ガルーダインドネシア航空よりお知らせ 2006年01月31日
 

2004年2月1日よりインドネシアへ観光目的での入国に際し
短期観光ビザ取得が義務付けられておりますが、それに起因し、入国に際し
パスポートの条件にこれまでの6ヶ月以上の残存に加え、最低1ページ以上の
未使用ページがビザのステッカーを貼るため必要となっております。

最近相次いで残存ページが足りずに出発いただけなかったケースが発生いたしましたので
インドネシアへご出発の際はパスポートのご確認をお願いします。

 
チェコ・プラハ空港 新ターミナルオープン 2006年01月24日
 

プラハRuzyne(ルジーニェ)空港に1月17日 新Terminal North 2 がオープンしました。
今回の拡張により、同空港は中欧・東欧圏の新たな主要ハブ空港として期待されています。

詳細については http://www.csl.cz/en/frames.htm をご参照ください。

 
コネクション・バイ・ボーイング 情報 2006年01月18日
 

機内高速インターネットサービスの料金設定を改訂し、提供サービスが拡大されます。

1月31日より、サービスの利用時間に応じた料金設定に変更されます。
1月23日より、4 大メディア(BBC、EuroNews、CNBC、MSNBC)のテレビ番組の視聴が可能となります。
1月15日より、包括的な英語検索エンジンサイトとして Yahoo!の利用が可能になります。

利用料金等詳細については
http://www.boeing.jp/2006/060111.html
http://www.connexionbyboeing.com/
をご参照ください。

 
中部国際空港外貨両替所増設 2006年01月10日
 

旅客ターミナルビル3階国際線制限エリアに内に
外貨両替所が増設されました。

詳細については
http://www.cjiac.co.jp/kouhou/contents/2005/051222travelex.html
をご参照ください。

 
平成18年3月20日:IC旅券の申請受付開始 2006年01月05日
 

IC旅券の申請手続は大きく変わることはありませんが、写真の規格が変更になり、
また、旅券発給手数料はICチップの実費として1,000円が上乗せされます。
IC旅券が導入されても、それまでに発給された旅券はIC旅券に切り替えなくとも
有効期間満了日まで使用することができます。ただし、IC旅券を希望する人は現行旅券
を返納しIC旅券を申請することもできます。

詳細については
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/ic_kaishi.html
をご参照ください。

 
▲TOPへ
 
Copyright (C) 2004 CACTUS AIR SERVICE LTD. All Rights Reserved.利用規約約款・個人情報の取扱いについて