CACTUS AIR SERVICE LTD. 株式会社カクタス航空
HOME 業務渡航 カウンターサービス 団体・グループ旅行 情報リンク 営業案内 会社案内
 
TRAVEL INFORMATION
 
米国滞在先住所申告について 2005年10月24日
 

2005年10月4日以降に米国(本土、ハワイ、グアム)へ入国する場合には、パスポートに記載されたデータに加え、以下の情報についても航空会社を通じて事前に申告することが政府当局の規定により義務付けられております。

  1. 米国滞在先住所 ZIPコード / 州名 / 都市名 / 番地・ストリート及びホテル名等
  2. 居住国名

米国国民、永住権所持者、カナダ・南米・中米など米国以遠への乗り継ぎの場合に限り、滞在先の事前申告は不要です。個人旅行などで、現地に到着してから宿泊先を決める旅を計画している場合でも最低限、到着した夜に宿泊する場所だけは、出発前に確保、申告する必要があります。

   
 
【外務省 中国:反日デモに関する注意喚起 】 2005年10月18日
 
  1. 17日夕刻、北京の日本大使館周辺では、小泉総理の靖国神社参拝に反対する抗議行動が行われました。 同抗議行動は、小規模で平穏に行われましたが、今後、こうした動きを受けて、中国国内では各種団体等が今後とも散発的に デモ行為等を行うことも予想されます。
  2. つきましては、デモの発生している場所には近づかない等慎重に行動し、無用のトラブルに巻き込まれないようご注意願います。
  3. また、本邦及び現地報道に留意されるとともに、外務省海外安全ホームページの中国に関する渡航情報や 各在外公館のホームページにも参考となる情報を掲載していますので、ご参照ください。

在中国日本国大使館(緊急)反日デモに関するご注意 (05.10.17)

1.本日10時過ぎ(日本時間)、小泉総理が靖国神社を参拝されました。中国当局はこれまで、総理の靖国神社参拝に対し一貫して厳しい態度を示してきており、本日の参拝に対しても中国政府並びに民衆から強い反応が示されることもあり得ると考えられます。

2.去る4月に北京市、上海市、広州市などにおいて大規模な対日抗議行動が発生し、その際の暴力行為により物的被害も生じました。このため、当館としては、外交部、公安部及び各地外事弁公室等に対し、在留邦人の安全確保、及び日系企業の正常な営業に支障をきたすことのないよう適切な対応を強く求めています。渡航者及び在留邦人各位におかれましても、危険な事態に巻き込まれないよう、次の点を含め十分ご注意頂くようお願いいたします。

・日本及び海外のテレビ、インターネットなどの報道に十分注意する。
・日本大使館のホームページ、外務省の危険情報などをこまめにチェックする。
・広場など大勢の人が集まるような場所に近寄らない。

   
 
【外務省 韓国:反日デモに関する注意喚起】 2005年10月18日
 
  1. 17日午前、ソウルの在韓国国日本大使館周辺では、小泉総理の靖国神社参拝に反対するデモが行われました。 こうした動きを受けて、韓国国内では各種団体等が今後とも散発的にデモ行為等を行うことも予想されます。
  2. つきましては、デモの発生している場所には近づかない等慎重に行動し、本邦及び当地報道に留意されるとともに、 無用のトラブルに巻き込まれないようご注意願います
   
▲TOPへ
 
Copyright (C) 2004 CACTUS AIR SERVICE LTD. All Rights Reserved.利用規約約款・個人情報の取扱いについて