CACTUS AIR SERVICE LTD. 株式会社カクタス航空
HOME 業務渡航 カウンターサービス 団体・グループ旅行 情報リンク 営業案内 会社案内
 
TRAVEL INFORMATION
 
トラベルインフォメーションTOPへ
ロシア ハバロフスク空港における所持品没収について 2004年09月30日
  外務省よりロシア/ハバロフスク空港における税関検査の注意事項に関する情報を入手しました。
以下、外務省情報より抜粋
**************************************************************

1.9月上旬、ハバロフスク空港税関において調査のため観光査証で入国していた研究員等が所持していた、地図、コンピューター、写真等を税関当局に没収される事案がありました。
 調査や業務を目的として(特にコンピューターを含め何らかの機材や資料を携行する場合)現地を訪問する際には、観光査証ではなく、ロシア側受入機関の招待状を入手して必要な入国査証を取得するなど、然るべく事前準備をすることが必要です。

2.この他、ロシア入出国時に税関でトラブルになるケースが頻発しています。物品の没収はもとより、刑事事件として拘留・告発される場合もあります。
 在ハバロフスク日本国総領事館では税関の協力を得て、特に、日本人等が税関規則を知らずに所持することによりトラブルになっている主な申告品、特別許可品の例示リストを作成してホームページで公開しています。ロシア訪問前にご一読の上、ご注意下さい。

在ハバロフスク日本国総領事館ホームページ
http://www.khabarovsk.ru.emb-japan.go.jp/j/

     
 
NW スカイチーム加盟について 2004年09月30日
 

ノースウエスト航空よりワールドパークス会員のスカイチームへの加盟が発表されました。

ノースウエスト航空では、去る9月13日、世界最大級のアライアンス「スカイチーム」に加盟しました。スカイチームは、アエロメヒコ航空、エールフランス航空、アリタリア航空、チェコ航空、デルタ航空、大韓航空で組織されています。今回、ノースウエスト航空と共にコンチネンタル航空、KLMオランダ航空も参加しています。
これにより、参加航空会社数は9社となり、全社合わせて世界各国600以上の都市へ毎日14,000便以上と世界有数の運航便数を誇るアライアンスとなりました。この加盟によりワールドパークス会員は、出張や旅行の際、フライトスケジュールや路線、目的地などに合わせて、より多くの選択肢の中からフライトを選べます。そのほか、下記のようなメリットがあります。

 ●ワールドパークス・マイルの獲得チャンスが増加
 ●ワールドパークス特典旅行にスカイチームのネットワークが利用可能
 ●提携航空会社を利用した世界一周旅行も用意
 ●世界390カ所以上のラウンジ

詳しくは、ノースウエストホームページをご覧下さい。
http://www.nwa.com/jp/jp/skyteam/sktmain.html

     
 
メキシコ 未成年者の入国注意 2004年09月30日
  * 単独、片親同伴の入国には証明書が必要

未成年者(18歳未満)が単独または片親同伴で、日本発メキシコへ旅行する場合(呼び寄せ等)、証明書(同意書)が必要になります。これはメキシコ政府が必要として旅客に申請しているものです。実際に入国出来なかった事例もありますので、ご注意下さい。なお、両親同行での入国は問題ありません。
未成年者が単独、または片親同伴でメキシコに入国する際、国籍(メキシコ国籍以外)にかかわらず、同伴しない親の「未成年者の渡航同意書」を持って行かなければなりません。

 1)父親と入国する場合は母親の、母親と入国する場合は、父親の同意書。
 2)一人で入国する場合、両親の同意書。
 3)両親の一方が死亡している場合、当該の死亡証明書、
   または同様の法的効果をもつ書類より、その旨が証明できるもの
 4)両親が離婚又は死亡している場合、親権を有する者の同意書。

上記の何れの場合も公証人の証明が必要です。

 *この証明書に関する手続きは大使館では一切関知しないのとのことです。
 *本要件は、各国籍の渡航査証の有無に関わらず
  入国の際提示しなければならない証明書です。
  同意書は英文または西文で作成。
  作成した同意書は公証人の面前で署名を行い、
  認証を受ける必要があります。

以下、駐日メキシコ大使館ホームページからの抜粋をご案内します。 http://www.sre.gob.mx/japon/jpmain.htm
     
 
ヘルシンキ空港ターミナル拡張 2004年09月30日
  * アジアターミナルがオープン

フィンランド国内をはじめ、ヨーロッパ各都市へのゲートウェイとして国際的に高く評価されているヘルシンキ・ヴァンター空港の国際線ターミナルが拡張改修され、2004年8月31日より供用開始されます。新ターミナルは、特に近年増加傾向にあるアジア諸国からの乗客にとって利便性が増すことになるため、通称アジアターミナルと呼ばれています。
アジア−ヨーロッパ間を行き来する旅行者の数はすでに年間2,500万人を超えており、航空・旅行業界にとって最も成長著しいマーケットでもあります。
今回の拡張により、ヴァンター空港のターミナルエリアはこれまでの約3倍となり、アジア路線の増加に対応するため、パスポートコントロール・ブースを10ブースから30ブースに大幅変更。これにより、日本便の到着が中国便と重なる場合でも、スムーズな入国審査が可能になります。また、アジアターミナルにはデューティーフリーショップなどの店舗も新たに増設され、同空港最大のショッピングエリアとなります。
     
 
ANAスーパーシートプレミアム 2004年09月30日
  * 国内線上級クラスに新サービスを発表

ANA(全日空)では、2004年12月1日より、ANAの国内線に、より快適でくつろぎに満ちた空の旅をお過ごしいただけるよう、『スーパーシートプレミアム』サービスを開始いたします。
本サービスでは、国内最上級にふさわしい新サービスとして、明るい色彩で上質感を追求したデザインの座席を順次導入し、旬の素材をふんだんに取り入れた地方色豊かな週替り(※)の54種のお食事や有名店だけでなく地方の隠れた名店の選びぬかれた茶菓をご提供いたします。併せて、2004年4月1日より、「徹底した高品質」をコンセプトに展開している、あたたかい「布製のおしぼり」や国際線ビジネスクラスで使用しているスリッパ、飛行時間が1時間25分以上の路線ではANAオリジナルの「とびっきりおうどん」のご提供などご利用頂くお客様にご好評いただいているサービスも継続いたします。
また、機内のサービスだけでなく、ご出発時の空港でも快適なサービスとして保安検査場の拡大、一部空港には専用カウンターの設置など予定しています。

※週替りは、千歳・羽田・ 大阪伊丹・福岡空港発の便が対象。
(その他の空港発の便は、約2週間間隔)
     
 
イスタンブールエアポートホテル 2004年09月30日
  * 国際空港内に開業

イスタンブール・アタチュルク国際空港内にこのほど、「イスタンブール・インターナショナル・エアポートホテル」が開業しました。これまで同空港を利用するトランジット(乗継)の場合、空港外のホテルに宿泊していましたが、空港施設と直結したこのホテルの利便性は非常に高いものです。各部屋に設置されたテレビでは、フライト情報などを表示し、また、24時間ルームサービス、シャワーや仮眠などの短時間利用にも対応しており、同空港の利用向上を図っています。
     
 
ロシア テロ関連情報について 2004年9月13日
  * エムオーツーリストCISロシアセンターおよび、現地代理店からの情報を取り纏めて
 以下の通りご案内致します。

◆ 空港の状況
航空機のスケジュールに特に変更はなく、通常通り運行されています。
空港での警備状況が厳しくなっており、チェックイン終了まで時間がかかる事が予想されます。
空港利用時には、早めに到着される事をおすすめいたします。
(モスクワに限らず、他都市の空港も同様です)

◆ 観光地
モスクワにおいて、特に閉鎖されている施設は、現在のところ無い様です。
但し、警備上の都合により、予告なく閉鎖される場合もございますので、ご注意ください。
劇場などもセキュリティーチェックや爆発物探知犬などを配置して警備が厳重になっています。
また、場合によっては通常の出入口ではなく別の入口からの出入になるなど変更されていること
もありますので、ご注意ください。

◆ その他
・モスクワでは、街中での警備が厳しくなっております。
 外国人に対するパスポートチェック等は、以前より多く行われている模様です。
 ロシアをご旅行中は、パスポートを必ずご携帯ください。
 (なお、レジストレーションのためにホテルにパスポートを預け、1昼夜ほどパスポートが
  手元にないことがあります。そのためにもパスポートのコピーを持参されることをお勧め
  いたします。)

・一般的な治安情報や偽警察官、警察官による嫌がらせ等の対策は
 外務省ホームページ(http://www.pubanzen.mofa.go.jp/)をご参照ください。

・モスクワの列車駅や地下鉄駅等の入口では、荷物検査等が行われる事もあり、
 移動時に時間を要する場合もございます。

●エムオーツーリストCISロシアセンターホームページ:http://www.motcis2.com
     
 
▲TOPへ
 
Copyright (C) 2004 CACTUS AIR SERVICE LTD. All Rights Reserved.利用規約約款・個人情報の取扱いについて